h1_wildlife

ヒナを拾わないで

暖かくなると、野鳥達が繁殖する季節になります。
春から夏にかけて、ヒナを保護したという問い合わせを多くいただきます。
よかれと思って保護しても、実はその多くが巣立ちビナを親鳥から誘拐してしまっているのです。

鳥類保護連盟をはじめ、鳥類保護団体は毎年この時期に「ヒナを拾わないで」のお知らせをしています。
巣立ち間もないヒナたちは、まだ十分な飛翔能力を持っていません。
枝から枝へ、親鳥と一緒に移動しています。
そのため、人の眼について、保護される機会が増えます。
親鳥は近くにいても、人がいることによってヒナに近づけず、何もすることができません。

野生動物は、一旦人の手で育てると、野生復帰することが難しくなってしまいます。
基本的には様子を見守ってあげてください。
もし、地面にヒナがいるのを保護してしまったら、そっと近くの茂みや木の上にヒナをおいてあげて、親鳥が近寄れるようにその場を離れましょう。

「ヒナを拾わないで!」キャンペーン
主催:(財)日本鳥類保護連盟 、(財)日本野鳥の会 後援:環境省

会員ページログイン

ID・パスワード入手方法は会報をチェック!

獣医師会について

活動案内

獣医師の仕事

ペット関連情報

野生動物関連情報

入会案内