寒い時期、猫ちゃんのおしっこに注意

2007年12月28日

 

秋から冬へとだんだん寒くなると、猫ちゃんにかかりやすい病気があるのをご存知ですか?それが今回のテーマ、下部尿路疾患です。泌尿器系は腎臓、尿管、膀胱、尿道からなっています。この泌尿器系の後半部分(出口に近いほう)の膀胱と尿道に主症状を起こす病気を下部尿路疾患(FLUTD)といいます。以前にはFUSとも呼ばれ、一般的に病院では膀胱炎と診断されることもあります。

これからの寒い時期は猫ちゃんの運動量が減り、またお水を飲む量が減ることによって下部尿路疾患をおこりやすい季節といえるでしょう。

 

○下部尿路疾患の原因と要因は?

下部尿路疾患の原因は不明なことが多いのです。その中でも下部尿路疾患を引き起こす最も多い原因に、尿路結石症、つまり尿路に結晶が蓄積して結石が形成された状態があります。ひどい場合には尿路を完全に塞いでしまい、尿が出なくなってしまいます。

他にも、ストレス、微生物の感染、食事、飲水量の減少、運動不足、肥満などの要因が挙げられています。猫の習慣や環境を変えるだけで下部尿路疾患の引き金となることもあります。 

○どんな症状になるの?

下部尿路疾患になると、次のような症状が見られます。
 1.頻繁な排尿
 2.排尿をしづらそうにしている、または痛そうにしている(おしっこをしようとしても出な
  い、またはおしっこをしようとする時鳴き声を上げる)
 3.異常な排尿行動(トイレ以外の場所でおしっこをする)
 4.血尿
 5.陰部をよく舐める

こうした徴候に気づいたら、かかりつけの動物病院で診察を受けて下さい。
特に雄猫は、雌猫に比べて尿道が細長いため、結石や粘液物が尿道に詰まり、尿道の閉塞をおこしやすいといわれています。この状態を放置していると急性腎不全により、食欲や元気が無くなり、最終的には死にいたることもあります。

○予防のために気をつけることは?

適切な食事
マグネシウムやカルシウムなどのミネラルを制限した食事。また、尿のpHを調整するよう考慮された食事を与えましょう。

水を充分に与える
水分の摂取量が少ないと尿の量が少なく、尿が濃縮されて結晶ができやすくなるので、できるだけ水を飲ませ、尿を薄めるようにしましょう。いつでも、十分飲めるようにするには
 ・お水をお気に入りの場所におく
 ・出きるだけこまめに、新鮮な水に取り替える
 ・お水を数カ所におく
 ・お水をトイレの隣におくのは避ける

きれいなトイレ
猫ちゃんはとってもきれい好き。トイレが汚れていると排尿をがまんすることがあります。がまんすると膀胱に尿が留まる時間が長くなり、結石が膀胱内に作られやすくなります。
おしっこを我慢させないようトイレはいつも清潔にしておきましょう。

 ○治療法は?

動物病院では各種の検査をして病状を把握し、さらに全身の状態を考慮して治療法を決定します。内服・注射などの内科療法の他、処置や手術などの外科療法が必要となる場合もあります。しかも外科療法は緊急に行わなければならない時もあります。内科療法、外科療法に併用して食事療法も大事です。食事療法は病状によって選択いたしますので、必ず獣医師の処方により行ってください。 

○再発を予防するためには

せっかく治ったのだから、二度と同じ苦しみを味あわせたくないですよね。そのためには予防の項で説明したことを心がけましょう。

そのなかで、特に、食事管理は大切です。再発予防には動物病院で処方される特別療法食が最適です。しかし、自己判断による食事療法は大変危険です。場合によっては逆効果になり、病気を悪化させてしまうこともあります。定期的にかかりつけの先生と相談しながら、最適な食事管理を続けてください。

また愛猫のオシッコの様子やトイレでの尿の量や色調については、日頃から注意深く観察をしてあげてください。なんらかのオシッコの異常がみられたら、すみやかに動物病院を受診されることをお薦めします。

会員ページログイン

ID・パスワード入手方法は会報をチェック!

獣医師会について

活動案内

獣医師の仕事

ペット関連情報

野生動物関連情報

入会案内